フィリピン情報ニュース、フィリピン留学、語学留学、フィリピン生活、ビジネス、旅行などフィリピン最新情報サイト
  フィリピン留学エージェントCEBU21
     

   会員登録
お知らせ
自由掲示板
経験/情報/注意
フィリピンニュース
宣伝/広報
動画

フィリピン情報発信基地フィリピン広場の利用案内

マニラで働く社長のビジネス話
女の子のおしゃれフィリピン
フィリピンの底辺と共に
東大博士の英語学校奮闘記
フィリピンに親子留学
山岳民族とエコロジー
たくましいバコロド巡り
フィリピンライフのコンサルタント
マニラからの便り

広場英語

全体訪問 : 251,487
今日 : 39 昨日 : 189
全体投稿 : 1,517
投稿者 まりこ        
作成日 2009/03/25
ホームページ http://cordillera-green.net/
ㆍ推薦: 0  ㆍ照会: 8137      
山岳民族とクツ

 

 バギオ市内にあるアートスペースVOCASで「SAKA SAKA」と題した現代美術の展覧会を開催していました。ドイツ人の作家がイフガオ民族の木彫り職人とのコラボレーションした展覧会で、たくさんの木彫りのクツを展示しています。イフガオ民族の素晴らしい伝統の技にはため息が出ます。
 なぜ木彫りのクツの展覧会かというと、ドイツで最も知られているフィリピンは「イメルダ夫人の大量のクツのコレクション」だからだということ。また同時に、イフガオ民族を含む山岳少数民族とってはクツがとても特別な存在だからだそうです。
 展覧会のオープニングで上映されていた自主制作ビデオは、バタバタしていてしっかり見られませんでしたが、バタッドというイフガオ族の棚田の村の若者がせっかく手に入れたクツを落としてしまう話だそうです。
 

 そう、山岳民族にとって「クツ」は憧れの対象です。カリンガ族の山の村の小学校を訪問すると、クツを履いている子供は一人もいません。「スリッパ」と呼んでいるいわゆるゴムぞうりを履いている子がほとんど。残りは裸足です。履いているゴムぞうりも、すり減ってすり減ってそこに穴が開いているようなの、鼻緒の部分がなくてビニールの梱包用のビニールのひもなどで修理してあるもの、右と左と違うサイズ、違うデザインなど、まちまちです。中には、ゴムぞうりだけでなく、Tシャツさえ着ていない子もいますから、ぞうりが不ぞろいなんて何でもありません。

    ↑カリンガ州の小学校。

 山の村で育った夫のアーネルにとっても「クツ」は子供のころから「どうしても履いてみたい」憧れのものでした。山の村の小学校を卒業したアーネルは、なにがなんでも高校(フィリピンでは中学と高校が分かれておらず、小学校を出ると4年制の高校となります)に行きたかったのですが、山の村には高校がありません。親戚に頼み込んだら「家事や畑仕事の手伝いをすれば行かせてやる」と言われ、ジプニーで2時間ほどの田舎町・タブックの高校に働きながら通うことになりました(アーネルは当時まだ12歳です)。
 しかし、さすがに田舎といえども、車やトライシクル(三輪タクシー)の通る町では、クツがないと恥ずかしい。そこで、父親がなけなしのお金をはたいて高校に行くことになった息子のためにはじめてクツを買ってくれたそうです。ところが、クツなんて買ったことのない父親が、買って来てくれたクツは、両方とも「右側」。家族みんなでお笑いしたそう。
 値切りに値切って買った市場のクツ屋でようやく交換してもらって、右と左にそろったクツ。アーネルは、はじめて履いてうれしくてウキウキと学校に行ったそうですが、履いたことがないものだから足の痛いこと、痛いこと。帰りは校門を出たとたんに脱いで裸足で帰ってきたそう。
「タブックは日差しが強くて、午後、学校が終わる時間の、コンクリートで固めた道路はカンカンに熱かったけれど、なんでもなかったんだよね」
 裸足で育った少年の足の裏はクツ底のように頑丈で、多少の熱さやデコボコにはびくともしないのでした。

 初めてアーネルが日本に来た時、「家族や親戚におみやげを買わなきゃ」と言って向かったのはクツの安売り店でした。クツを履いたことのない家族や親戚一人ひとりの裸足の足を思い浮かべながら、「こんな大きさだよなあ」と持っている限りのお金を使って、たくさんの安売りのクツをおみやげに買っていました。
 
 一度もクツを履いたことのないような山岳民族の人たちの裸足の足は、その顔と同じくらいにさまざまな表情を持っています。生まれてからずっと大地を踏みしめ続けてきた足。雨の冷たさも、日差しの熱さも、じかに感じてきた足。それは、「SAKA SAKA」展に並んでいた木彫りのいろいろなデザインのクツに匹敵するなあと思いました。

  ↑ 山の村の子供たちの放課後の遊びはもちろん裸足で木登りです!

 なんとなく「SAKA SAKA」はイフガオ語かなんかでクツのことだろうなあと思っていて聞きそびれていたのですが、昨日、改めて聞いたみたら実はイロカノ語で「裸足」のことだそうです!
(今回の山の子供たちの写真は、CGNインターンの松野下さんの撮影です)
 
 

氏名アイコン わかりません
2012-02-18 06:17
アルバイトはじめました(*´ω`)♪ http://www.l7i7.com/
   
 
  0
3590
FILE #1 .
FILE #2 .
FILE #3 .
FILE #4 .
FILE #5 .
FILE #6 .
FILE #7 .
FILE #8 .
FILE #9 .
FILE #10 .
本文内容 作成日
フィリピンでも安全な野菜を食べたい!作りたい!
 うちにはケーブルテレビが入っていて、いちおう「NHKインターナショナル」というチャンネルは見られます。何とか基本的な日本のニュースはキャッチできるわけ。このところ、中国ギョーザ事件についで..
2009-04-27
コーディリエラ・ユース・エコサミットのゲスト紹介1
今年のエコサミットは、地方の村において行うため、日本からのゲストも都会でおしゃれにエコ・ライフを送っているアーティストや、政治的な環境アクティビストというより、地方に根ざして、比較的「農..
2009-04-14
イフガオ州の知られざるライステラス(棚田)の村・マヨヤオ
 イフガオ州にバナウエというユネスコに世界危機遺産に指定されている有名な棚田群があります。バナウエには、マニラから直行バスも出ているし、わたしたちCGNの拠点のあるバギオからも直行バスが何本..
2009-04-08
第二次世界大戦の記憶
 ここバギオと北ルソンは、第二次世界大戦の激戦地と日本軍の降伏の地として知られています。フィリピンで亡くなった日本兵は51万8千人に及びます。(すごい数ですが、この戦争で亡くなったフィリピン..
2009-04-01
山岳民族とクツ
   バギオ市内にあるアートスペースVOCASで「SAKA SAKA」と題した現代美術の展覧会を開催していました。ドイツ人の作家がイフガオ民族の木彫り職人とのコラボレーションした展覧会で、たくさんの木彫り..
2009-03-25
西表島の石垣金星さん
   昨年の7月半ばにアーネル・バナサンは、スペイン・サラゴサで行われたEXPOの日本の市民団体の出展するパビリオンに、CGNの環境と農村開発事業を一緒に行っている山梨県のキープ協会を代表して参加..
2009-03-19
エコサミットの高校生たちの環境演劇
   1月末に行われた「コーディリエラ・ユース・エコサミット」のメイン・プログラムは、コーディリエラ各州の高校生たちによるそれぞれの地域の環境問題をテーマとした演劇公演でした。 CGNは、..
2009-03-18
いまさらながらのエコサミット報告
いや、すっかりご無沙汰してしまいました。「だからそんなに気合入れてブログ書くもんじゃないって言ったじゃない」というあきれた声が聞こえてきそうですが、とにかく、エコサミットのお客様到着の1月..
2009-03-16
第2回ユース・エコサミット開催
 はじめまして。バギオ市でコーディリエラ・グリーン・ネットワーク(CGN)と言う環境NGOを主宰している反町です。2001年に設立してすでに7年半、紆余曲折を経ながらも、なんとか活動を続けてきました。私..
2009-01-15
「山岳民族とエコロジー」
反町様は来年から執筆なさる予定です。以下簡単な自己紹介です。ー管理人ー バギオ市で環境NGOを主宰。山岳地方の先住民族の村で、植林、有機農業の技術指導、環境教育、再生可能エネルギー普及と飛..
2008-12-25
1
英語留学ならCEBU21

広場紹介  |  個人情報保護  |  サイト規約  |  おすすめサイト |  相互リンク |  Philippines Inside News

お問い合わせフォームメール
Copyright 2008(C) フィリピン広場 All Rights Reserved.

Powered byweb制作、ホームページ制作