フィリピン情報ニュース、フィリピン留学、語学留学、フィリピン生活、ビジネス、旅行などフィリピン最新情報サイト
  フィリピン留学エージェントCEBU21
     

   会員登録
お知らせ
自由掲示板
経験/情報/注意
フィリピンニュース
宣伝/広報
動画

フィリピン情報発信基地フィリピン広場の利用案内

マニラで働く社長のビジネス話
女の子のおしゃれフィリピン
フィリピンの底辺と共に
東大博士の英語学校奮闘記
フィリピンに親子留学
山岳民族とエコロジー
たくましいバコロド巡り
フィリピンライフのコンサルタント
マニラからの便り

広場英語

全体訪問 : 244,683
今日 : 159 昨日 : 288
全体投稿 : 1,514
投稿者 ととろ        
作成日 2009/01/21
ホームページ http://cipschool.exblog.jp/
ㆍ推薦: 0  ㆍ照会: 7534      
スクールマネジャー職の新設

 


学校の仕事をしている人間として私の目標はもちろんフィリピンで最も優秀な「BEST Academy」を作り上げることです。

自分が考える「Best Academy」とは上手に英語を教える学校であり、そのための上手に教えるA級の先生を育てる独自のシステムを持っている学校です。

 

その一環として今回「スクールマネージャ」の職を新設することにしました。

 


手間を必要とするあらゆる変化は好まれませんし、特にその変化で失うものがあるかも知れないと思ったら変化を拒否するのが一般的でしょう。

この抵抗のこの受け皿の役をしながらオフィスの意図を先生に伝えて引っ張っていく役割です。

 

今までは小さい規模の学校ということもあり(現在約、30人の在籍)、殆どの仕事を校長と副校長(私)だけで担いできました。

これからは仕事が増えたこともあり、またより大きくなるためには学士分野はやはり教育専門家に任せた方がいいと判断しました。

 


まずは目指すところを見せて指示に従いながらも自らも積極的に意見を出す雰囲気作りが急務です。

これを担保するために今までのHead TeacherSchool Managerとして格上げし、学士全般に関する権限を与えることにしました。

新しくスクールマネージャになる彼はSPC大学教授として英語を何十年教えてきたベテランで、教育分野に関してはスペシャリストです。

今まで私が担当した部分の多くを彼に与えることで、先生をコントロールできるようにするのが狙いです。

 

彼の業務は

新入学生の時間割作り

―これは先生の仕事の量だけでなく給与などと連動するので最も大きな権限であります。恐らくこれで変化に抵抗する先生達もスクールマネージャに従うしかないと思います。)

先生のトレーニング日程作り

―新人先生の空き時間を把握し、先輩先生の授業を参観させます。先輩先生も空き時間に新人先生の授業を参観させ、授業参観後はレポートを提出してもらいアドバイスをします。

先生の遅刻及び欠席管理

       ―やはり私よりはフィリピン人であり、  

     年配の彼の方が先生によりカリスマをもつだろうと期待しています。


学生の授業態度把握、遅刻、欠席管理

―授業開始後教室を回りながら授業態度チェック、学生の遅刻や欠席管理します。

先生の業務報告書チェック及びFeed Back

        ―今25人の先生が毎日業務報告書を出していますが、

    今は目を通す感じに過ぎないのでこれをよりしっかりチェックしピードバックできればと思います。


先生のトレーニング

―今までのように新人先生に1:1で英語の教え方を教える。

先生のテスト実施

―今までは4週に1回先生を対象にテストをやっていますが、これからは2週間に1回のペースで実施したいです。先生たちもテスト結果によって保証されるので実力ある先生は喜ぶのではないかと思います。 

教材管理

―レベルテスト結果や学生の留学目的に合わせ適切な教材を選定し在庫を管理します。


デモクラスの日程

―新人先生の公開授業スケージュル管理及びそのピードバックをします。


先生の賞罰管理

―授業態度や学生アンケート、テストなどに基づき先生に賞罰を付与します。


各種書類作業

      SSPTESDA関連の資料作業をします。

 

 

結局、財務と人事分野だけもって残りの分野はそれぞれ専門家に任せることです。

 

2月からはこの体制なので楽しみです。自分の仕事を専門家に任せることで質を上げると

同時に自分の負担を減らすのが目的ですが、定着するまではもっと仕事が多いと思います。

 

「学生が留学前に持っていた留学目的が達成できるように最大限サポートする」

この大きな原則がある限り、たとえ試行錯誤はあっても正しい方向に向かっていける筈です。

少しずつですが、これからも「Best Academy In the Philippines」を目指して一歩一歩前進していきたいです。

 

 

<ある晴れた日のドミトリー> 

  0
3590
FILE #1 .
FILE #2 .
FILE #3 .
FILE #4 .
FILE #5 .
FILE #6 .
FILE #7 .
FILE #8 .
FILE #9 .
FILE #10 .
本文内容 作成日
スクールマネジャーと日本人マネジャーの採用
 学校が少しずつ安定している。以前は夏休みと冬休み期間以外には学生も少なかったのに対し、今はほぼ満室になっている。すこし安定してきたところでより充実した学校を作るためにマネジャーを採用..
2009-04-14
月1回のEnglish Day
月1回ある学校のEnglish Dayが先週ありました。午前中はテストを受け、午後は出し物やスポーツ大会、BBQパーティやいろいろなアクティビティをする日で、先生も学生も楽しみにしている日です。(準備は大..
2009-04-03
先生のTOEICトレーニング
就職の際にTOEIC点数を一つの評価基準として採択する会社が増えています。うちの学校でもTOEICのグループ授業が設けられてありますが、より力を入れる分野だと思っています。 そこで、先生たちのTOEICを..
2009-03-17
日本語のHP作成
  今まで英語学校の対象は明らかに韓国人中心だった。 しかし、1月から日本人学生の入学が増えている。そのため、韓国語でできている資料の翻訳など仕事は増えたけれども、やはり多国籍の環境は英..
2009-03-01
スクールマネジャー職の新設
  学校の仕事をしている人間として私の目標はもちろんフィリピンで最も優秀な「BEST Academy」を作り上げることです。 自分が考える「Best Academy」とは上手に英語を教える学校であり、そのための上手に..
2009-01-21
空港到着から授業スタートまで
  初めてのフィリピン留学。空港到着から授業が始まるまでなにをするのだろうと心細いとおもいます。こういう不安な気持ちを少しでも和らげるように学校では日本人学生のピックアップスタッ..
2009-01-15
2008年の大晦日と2009年
 学校でBBQパーティをしました。 普段の献立より派手になっています。誤解にように(笑) 学校の庭で花火をしました。写真がうまく撮れません。2008年もこう終わりました。2009年も頑張ります。学校の2..
2009-01-13
講師の採用からレギュラーまで
  先生の採用からレギュラーになるまでの道のりを簡単にまとめてみた。 他の学校はどうやっているのだろう。気になるところだが、知る術がない。     ①書類面接 英語教育専攻の人が優先。3..
2008-12-18
食べ物で親しくなる。
フィリピノは外国人に慣れている。スペイン統治からアメリカ統治など外国人がフィリピンに入ってきて400年以上経っているし、旅行経験も豊富なので外国人の生活様式が自分たちのと異なることを良く..
2008-12-16
アドバイスを求めセブへ
  アドバイスを求めセブへ 米国発金融危機を最も体感している業界の一つがこの「フィリピン留学」業界である。 周知のようにフィリピンの殆どの学校は韓国の資本であるため、主な収入源もウォン..
2008-12-09
12
英語留学ならCEBU21

広場紹介  |  個人情報保護  |  サイト規約  |  おすすめサイト |  相互リンク |  Philippines Inside News

お問い合わせフォームメール
Copyright 2008(C) フィリピン広場 All Rights Reserved.

Powered byweb制作、ホームページ制作