フィリピン情報ニュース、フィリピン留学、語学留学、フィリピン生活、ビジネス、旅行などフィリピン最新情報サイト
  フィリピン留学エージェントCEBU21
     

   会員登録
お知らせ
自由掲示板
経験/情報/注意
フィリピンニュース
宣伝/広報
動画

フィリピン情報発信基地フィリピン広場の利用案内

マニラで働く社長のビジネス話
女の子のおしゃれフィリピン
フィリピンの底辺と共に
東大博士の英語学校奮闘記
フィリピンに親子留学
山岳民族とエコロジー
たくましいバコロド巡り
フィリピンライフのコンサルタント
マニラからの便り

広場英語

全体訪問 : 239,751
今日 : 33 昨日 : 39
全体投稿 : 1,514
投稿者 すな        
作成日 2009/04/01
ホームページ http://ameblo.jp/manila-ceo/
ㆍ推薦: 0  ㆍ照会: 3309      
Primerへの想い
フリーペーパーを創刊して約1年ちょっと。WEBサイトを立ち上げてからは約1年半。そして起案してから、企画の時期まで入れると、2年以上前から携わってきた、Primerの情報事業。

紆余曲折あり、またメンバーも大分入れ替わりながらも、何とかここまでやってきた。

1年ちょっと経ってみて、ふと、「なんでこの事業を始めたのだろう?」と根本的な部分を振り返ってみた。

やみくもに情報事業をやろうとしたのではなく、何か大きな目標があって、「よし、やってみよう!」と決意したわけで、いわゆる事業の原点に立ち返ってみる。


それはなにか?

実は、非常にシンプルで、

「フィリピンという国を一人でも多くの人に知ってもらいたいから」

サブタイトルも色々と付くかもしれないけど、メインの発想は、↑の言葉に尽きる。


フィリピンを既に知っている人に、よりDeepなフィリピンを知ってもらおうというのも多少はあるけど、それ以上に、全くフィリピンを知らない人に、「フィリピンってこんな所なんだよ!」と教えてあげられるような、そんな媒体にしたいと思って始めた事業だ。

毎月、毎月、多数の日本人のお客を迎えている中で、毎回、「フィリピンって日本では全然情報取れないんだよね」という言葉を何べんも聞かされているわけなんだけど、そんな時に、「じゃ、これ読んで下さいよ」とポンと渡せるもの、そんなものが欲しいと思って、企画を始めたのがPrimer。

主婦向けで行こう!

とか、

有料誌にしてはどうか?

とか、

季刊誌にしてはどうか?

とか、

色々な事を、色々な形で考え、そして試行錯誤してきたわけだけど、というより、今でも試行錯誤を繰り返しているわけだけど、そんな時には、いつも、原点の発想に戻るようにしている。


他国、特に日本人が多い国における日本語のフリーペーパーにはそれぞれカラーがある。ビジネスマン向けであったり、女性向けであったり、経済系であったり、そして旅行系であったり。

それぞれのカラーに応じて、内容も作り込んでいるし、それぞれ特徴もある。

でも、Primerはおそらくそうはならない。ひとつのカラーだけに収まるようなものには多分ならないだろう。何しろ、Primerしか情報媒体がないのだから、その都度カラーを微妙に変えながら、数を重ねることで、少しずつマニラの情報を網羅していくような形で、大きな青写真でやっていかねばならない。


それともう一つは。

何のために、誰のためにやっている仕事なのか?という部分。

これも極めて単純なんだけど。

「楽しい仕事がしたいビックリマーク(楽しい仕事を社員にさせてあげたい)」

という気持ちが強かったと思う。


日本ではなかなか出来ないけど、フィリピンでなら自分達も出来そうなメディア業というものを、会社という枠にとらわれず、フィリピン好きな人達が、好きなフィリピンを思いっきりアピールできるような媒体を作る!

外から見れば、如何にも楽しそうな仕事であり、が故に関わっている人達のモチベーションも高まり、そしてよりいい媒体に成長する。

そんな仕事がしてみたい、とかねてより思っていたのも一つの背景だ。

つまり本事業を担当している人が、もし「楽しくない」、「苦労ばかりでつまらない」となってしまうと、仮にいい媒体ができたとしても、もしくは、儲かったとしても、ある意味、本末転倒なわけ。


正直、今でも、色々な人に色々と言われている。讃辞もあれば批判もある。体制についてズバズバ指摘されたりもしている。

情報を扱っていると、それだけ人の目に触れるわけだから、それは色々な意見が出てくるのは当たり前。

ただ、代表として重要なことは、人の意見に妙に振り回されず、その都度現実的なジャッジをして前を向くこと、だと思っている。

そして、行き詰ったら、一旦立ち止って、原点に帰ってみる。

自分が起案して、自分が企画して、自分達が金を出して立ち上げた事業なわけなのだから、一番真剣に事業のことを考えているのも当然自分なのだ。

言い換えれば、いざという時に責任を取らないといけないのも自分。

責任のない第三者の言葉や思想と、責任のある者の言葉と思想とでは、その重みが天と地ほどの差があるのです。


そんな色々な想いを日々廻らしながらここまでやってきたPrimer事業。

携わる社員が、そしてサポートして下さる方々が、純粋に「楽しい」と思えるような事業として、今後も続けていきたいと思う。
 

  0
3590
FILE #1 .
FILE #2 .
FILE #3 .
FILE #4 .
FILE #5 .
FILE #6 .
FILE #7 .
FILE #8 .
FILE #9 .
FILE #10 .
本文内容 作成日
フィリピン不動産投資?
最近、妙に「個人投資」関連の相談が来ることが多い。ワタシ自身は、その道の専門家でもなんでもないので、あまり専門的な部分を聞かれてもちょっと対応が難しい所もあるけど、長年当地に住み、小さ..
2009-10-29
金に悩む??
  くだらない話題ではあるが、昼食時にスタッフのみんなと、そんな話になったこともあり、以前流行った、脳内メーカーをちょっとやってみた。自分の脳の中がどうなってるの?的なものだけど、単純..
2009-10-29
これはすごい!日本式自動車教習所
  情報を扱う会社として、お恥ずかしい限りではあるが、こんな素晴らしいドライビングスクールがあるのを今日知った・・・ホンダフィリピンさんが展開している、Honda Safety Driving Center   本日見学..
2009-10-29
客室乗務員を目指す方に朗報!
  現在、当社では、フィリピン航空と提携し、日本人向けCA研修プログラムを御提供させて頂いているが。http://cabinattendant.jp/このプログラムは、実際の航空会社で、CAになるための一通りの研修を受講で..
2009-10-29
ダルビッシュの記事
  同じアメブロのダルビッシュの記事はいつも見ているんだけど・・・楽天の岩隈投手のことを書いている記事、なんだか、すごく感動してしまった・・・http://ameblo.jp/darvish-yu-blog/entry-10372900124.html CSで..
2009-10-29
多数のメディアで取り上げて頂きました
先般実現させた、日比間の学生交流を目指したテニスイベント・・・有難いことにたくさんのメディアが取り上げてくれました。まずはフィリピン側<INQUIRER>http://sports.inquirer.net/sportsevents/sportsevents/view/2..
2009-10-24
激戦!CS対決 巨人x中日
  仕事が終わらず、家でTV見れないので、仕事をしながら、会社のPCで激戦を視聴中・・・こういう時にメチャ役立つのが、インターネットTV色々なプログラムがあるみたいだけど、私が入れているのは、..
2009-10-24
TOEIC対策短期集中コース
フィリピンの英語教育の価格メリットを活用し、「TOEIC対策特別プログラム」日本の専門学校などに提案していきたいと思う。その名前の通りの教育サービス。二週間くらいの期間で、英語学校の寮に入寮..
2009-10-22
フィリピン求人情報
  最近、多少景気が上向いてきたのか、日本人の移動が激しいからなのか、日系企業における人材募集が大分動きだしてきた。各社ともそれぞれのやり方で既に公募を行っているので、もう決まってしま..
2009-10-22
シーエアーが日本上陸へ!
  おそらく正式には来年前半になるでしょうけど、ボラカイ便で有名なシーエアー航空が日本への乗り入れの準備を進めています。  現段階では小型の機体なので、沖縄までということになります..
2009-10-22
12345678910,,,18
英語留学ならCEBU21

広場紹介  |  個人情報保護  |  サイト規約  |  おすすめサイト |  相互リンク |  Philippines Inside News

お問い合わせフォームメール
Copyright 2008(C) フィリピン広場 All Rights Reserved.

Powered byweb制作、ホームページ制作